失敗したくない方は必見!眉アートメイクサロンガイドin東京

HOME » 眉アートメイクを失敗しないためのAtoZ » 万が一失敗した場合

万が一失敗した場合

ここでは、眉アートメイクが万が一、失敗した場合の除去方法について紹介しています。
もっとも一般的であるレーザーで除去した場合のリスクや料金についても紹介しています。

アートメイクの除去法はレーザーが一般的

アートメイクの除去方法は、4つあります。

  1. 自分の皮膚を移植する皮膚移植術
  2. 切り取って縫い縮める切除縫合術
  3. レーザーで色素の刻み込まれた部分を物理的に切る取る切削レーザーによる切削術
  4. 特定の色のみに反応するレーザーを照射し色素を一つずつ消していく色素レーザーによるレーザー治療

最も一般的なのは、4番目の色素レーザーによる除去です。
この除去法が皮膚への負担が最も少なく、1回の治療時間も最短でしょう。

治療後の仕上がりの面でも、他の除去方法よりも優れているようです。

色素レーザーを照射する場合、目を保護するため、専用のコンタクトレンズを装着します。

照射時は、輪ゴムをパチンと弾いた程度の痛みがあります。希望により局所麻酔薬を使用することもできます。

治療後は、1週間程度照射した所にカサブタができますが、日常生活には支障のない程度です。

1回の照射で80~90%くらい除去できるので、施術した色を少し薄くしたいだけなら1回照射で納得のいく結果が得られる可能性もあります。
けれど完全に除去する場合には、色素の入り具合にもよりますが2~3回の照射が必要となります。

そして最低でも1回照射治療したら1ヶ月は間隔をあけなければなりません。

アートメイク除去のための色素レーザー治療には時間がかかってしまうことは覚えておいた方が良いでしょう。

アートメイクを除去するための費用

料金は眉毛の場合、1回だいたい約50,000円~100,000円前後と大変高額です。

アートメイクのレーザー除去は、保険が適用されない自費治療のため、どうしても高額となってしまうようです。

完全除去の場合、2~3回の照射が必要となるので、数十万円の出費となることを覚悟しておかなければなりません。

料金のことだけではなく、リスクについても知っておく必要があるでしょう。

アートメイクは、刺青などと比べると色素が表皮のごく浅い部分にあり、色素も少量のため、レーザー除去で比較的簡単に消すことができると言われています。
しかし、100%傷が残らずに成功するとも限りませんし、使用した色素によってはレーザーでも落ちにくいという場合もあります。
また、照射するレーザーの種類によっては、眉毛が生えてこなくなることもあるそうです。
ですので、「失敗しても除去することができる」とアートメイクを安易に考えるのは良くありません。

除去にはこういったリスクもあると、しっかりと認識しておくことが大切です。

このように、アートメイクの除去には、時間もかかる、費用もかかる、リスクもあるということを考えれば、失敗は許されないと言っても過言ではありません。
つまり、腕の良い術師がいる、きちんとカウンセリングを行ってくれる、施術後のアフターフォローが充実している、この3点を充分に満たすサロンを選ぶことが、何よりも重要だと言えるのです。