失敗したくない方は必見!眉アートメイクサロンガイドin東京

施術法の種類

ここでは、眉アートメイク施術におけるマシンや手彫りの違い、それぞれのメリットについてまとめています。また、カラーやデザインの選び方についても紹介します。

施術法もカラーもデザインもお好みに!

眉のアートメイクの施術方法には、マシンと手彫りとがあります。

現在は、アートメイク専用のマシンを使用するサロンが多いようですが、マシンと手彫りのどちらかを選択できるサロンや、両方を併用しているサロンなどもあるようです。

マシンのメリットは、手彫りと比較して、施術時間が短く、料金もリーズナブルだということです。

時間で言えば、手彫りよりは30分程度短く、料金的にも安いのが一般的です。仕上がりに関しては、若干、塗り絵のようなべたっとした感じになるようです。

手彫りは時間がかかりますが、より細かい描画が可能なので、マシンと比較すると、仕上がりがとても自然です。

色素の入り具合などで微妙な立体感なども出せますから、自然な仕上がりを得られるというメリットがあります。ただ、料金はマシンよりも若干高くなります。

施術方法を決める際には、それぞれの仕上がりの写真などを参考にして、自分が希望する仕上がりに近いもの選ぶことが大切です。

施術法の選択は、失敗しない眉アートメイクのポイントのひとつとも言えるでしょう。

眉のアートメイクでは、眉の色を髪の毛の色に合わせるなど、カラーを選ぶこともできます。

サロンによっては100種類以上のカラーが用意されているところもあります。

自分の好みの色を多くの種類から選ぶことができるのは嬉しいですね。多くのサロンでは、髪の毛の色などに合わせて色を勧めているところが多いようです。
ただ、髪の毛の色は、伸び具合や染め変えなどによって変わる可能性もあるので、その辺もカウンセリングの時に相談するといいでしょう。

眉のデザインについても、眉の色同様、色々な形を選ぶことができます。

実は眉の形には、基本的な「きれいな形」というのがあります。

眉尻が眉頭より少し上がっていること、眉山がちゃんとあること、顔全体に対して眉の長さのバランスがいいこと。
そして、眉幅については、眉頭から眉尻まで同じ太さよりも多少メリハリがあるのが美しい眉だそうです。
このような美しい眉の基本形を踏まえ、サロンでは顔に合わせて眉のデザインをしてくれます。

デザインが決まったら、仕上がりの感じを実際にペンで描き、修正しながら、希望の形へと微調整していきます。

色やデザインは、サロンと相談しながら、しっかりと納得するものを選ぶことが、失敗のない眉アートメイクのためには大切ですよ。